OPENトップページ > 教育の風 〜大垣市の教育〜 バックナンバー(令和元年度 4月〜9月)

教育の風 〜大垣市の教育〜バックナンバー

令和元年度 4月〜9月

文教協会総会
「文教協会総会」(2019年5月27日)
 大垣市市政101年目を迎え,本年度の文教協会総会が盛大に執り行われました。第2部では,昨年度作成された「大垣市子どもの誓い」の発表がなされ,具体的な取り組みを江並中学校が紹介しました。特にあいさつ,エナ凄の取組(よさの認め合い),ふるさと大垣科の活動内容を話しました。各校でも誓ったことを実現できるよう,工夫した活動が進められます。
 また,岐阜聖徳学園大学の龍崎忠氏より「特別の教科 道徳」について講話をしていただきました。「つなぐこと,つむぐこと」を心に留め,「こうありたい!」と願う子どもたちの後押しができるよう指導力を高めていきます。

転入教職員・新規採用教職員のつどい
「転入教職員・新規採用教職員のつどい」(2019年4月4日)
 本年度,他郡市より大垣市内の小・中学校への転入職員と新規採用の教職員が,大垣市民会館に集いました。新たに大垣市の教育に携わる130名を代表して日新小学校の見美智子校長が服務の宣誓をしました。
 山本譲教育長より歓迎の言葉とともに,「未来に夢と希望をもち,今をひたむきに生きる子どもの育成」を基本理念とした「第2次大垣市学校教育振興計画」について講話を行いました。 その後,転入教職員を代表して青墓小学校の坪井秀憲校長,新規採用教職員を代表して北中学校の庄司貴治教諭が挨拶をしました。大垣市の教育に携わる喜びと子どもとともに成長をしていこうとする熱い思いが伝わりました。
 大垣市の教職員の一人として,今年度への意欲が高まる会となりました。