顕微鏡写真



葉の断面 葉の断面の顕微鏡写真です。真ん中の細かい細胞が集まっているところが葉脈で、水や栄養分の通り道です。また、ややピンク色の細長い細胞が2列に並んでいる方(写真では下側)が表側です。 葉の断面 葉の断面の顕微鏡写真です。真ん中の細かい細胞が集まっているところが葉脈で、水や栄養分の通り道です。また、ややピンク色の細長い細胞が2列に並んでいる方が表側です。
気孔 唇のような細胞が気孔です。気孔は、葉の裏側に多くあります。ここから水を出し(蒸散)たり、二酸化炭素や酸素の出し入れをしています。 葉柄の断面 真ん中に水や栄養分の通るところがあります。
葉柄(ようへい)とは、葉が茎とつながっている部分です。
茎の断面 単子葉類の茎の断面図です。細かい細胞が集まっているところが維管束といって、水や栄養分が通るところです。 細胞分裂 細胞(さいぼう)は分裂(ぶんれつ)してふえます。核(かく)や染色体(せんしょくたい)が見えます。どのようにして分裂(ぶんれつ)するのでしょう。
細胞分裂 細胞(さいぼう)は分裂(ぶんれつ)してふえます。核(かく)や染色体(せんしょくたい)が見えます。どのようにして分裂(ぶんれつ)するのでしょう。 カボチャの花粉 カボチャの花粉です。
カボチャの花粉 カボチャの花粉です。 マツの花粉 マツの花粉です。黒っぽいのが花粉で、ネズミの耳のようについているものは空気の袋で、花粉を遠くまで飛ばすためのものです。
ハネケイソウ けい藻(ケイソウ)の仲間です。 ハネケイソウ けい藻(ケイソウ)の仲間です。
ミジンコ ミジンコは、田や池にいます。たいへん小さいのですが、これでも甲殻類(エビやカニ、昆虫の仲間)です。 クロコウジカビ クロコウジカビの顕微鏡写真。クロカビともいう。胞子(ほうし)は黒い球形。地球上のいたるところにある。
クロコウジカビ クロコウジカビの顕微鏡写真。クロカビともいう。胞子(ほうし)は黒い球形。地球上のいたるところにある。 筋肉 細い細胞がたくさんならんでいるのがわかります。
鱗粉 鱗粉(りんぷん)の顕微鏡写真(けんびきょうしゃしん)。昆虫類鱗翅目(チョウやガなど)の翅(はね)の表面の粉(こな)。色素が沈積したもの。鱗片(りんぺん)ともいう。


本コンテンツの閲覧は自由ですが、すべての写真・画像・文章等の無断使用・無断転載・無断配布を禁止します。

制作:大垣市教育研究所

ひゃっかじてん(公開用)へ

大垣市教育情報ネットワークシステム(OPEN)へ

大垣市教育総合研究所へ