1. ホーム >
  2. 皆読皆話

皆読皆話

「皆読皆話」とは

 全校児童が、「皆読」と「皆話」を年に1回ずつ発表する会です。「皆読」とは国語の教科書の中で特に読みたいところを選んで読むこと。「皆話」は自分の伝えたいことを話すことです。
 一之瀬小学校では、少人数、小規模校ということから、集団の中で自分の思いや気持ちを堂々と話す力が弱いという傾向がありました。そこで、表現力をつけるために、この「皆読皆話」が始まり、本年度で33年目を迎えました。発表する児童は、自分の思いや体験が聞き手に伝わるよう、めあてをもって取り組んでいます。また聞き手も発表者の話をよく聞いて、感想を述べています。児童の発表に対する講評は元アナウンサーの方や職員で行い、より表現力を培おうと努力を続けています。

皆読皆話の写真
皆読皆話の写真
皆読皆話の写真
皆読皆話の写真
皆読皆話の写真